前へ
次へ

外食から考える、美味しく感じるその理由

食は、家庭内で食べるよりも、美味しく感じる人も多いのではないでしょうか。
外食で美味しく感じる人の外多くは、普段の食生活を家庭で済ましている場合もあるはずです。
人は、普段と違った環境下に置かれれば、神経を過敏に働かせ、周りの状況をより把握しようとする働きを引き起こします。
神経が過敏に働いているため、味に対する強みも強く感じやすく、より美味しく感じやすくなるのです。
逆に言えば、毎日の食事を外食で済ませている人は、家庭の味に対してより美味しく感じてしまう場合もあるでしょう。
外食は、実際に食事をする場所まで足を運ばなければなりません。
それは、一種の目標であり、それまでの間、欲求を抱える事になるはずです。
足を運び食べた瞬間に、欲求が満たされる快感は、食事の付加価値として味に旨味を与えてくれるのです。
これは、外でキャンプなどの中、自宅で食べるよりも美味しく感じるのと同じでしょう。
自宅の食事でより美味しく食べるためには、違った料理にチャレンジをしてみたり、新しい食器を利用すると、より美味しく感じれる様になるはずです。

Page Top