前へ
次へ

食の早食いは、体に危険だと言われている理由とは

テレビ番組などでは、早食いや大食いなど、一般の人が行えない様な内容を扱っている場合もあるでしょう。
テレビ番組に出演されている方の多くは、一般の人と体の作りが多少違い、それに対応するだけの力があるのです。
食の早食いは、心身にとって危険の可能性もあるのです。
私達人は、様々な動物の姿から進化をしてきた姿があります。
進化までの間の内容は、本能がしっかりと記憶しているのです。
早食いをしなければならない状態なども、本能が覚えています。
本能は、周りに食べ物が少ないと勘違いをし、早く食べなければ、無くなってしまうと判断してしまうのです。
周りの環境が飢餓状態だと勘違いをし、出来るだけエネルギーを蓄えようとします。
飢餓状態の錯覚は、エネルギーを蓄える働きだけではありません。
行動意欲に抑制力を働かせ、エネルギーの消費を極力抑えようとします。
無気力状態も現れやすく、仕事や勉強に支障を来してしまう場合もあるでしょう。
肥満は、万病の元です。
早食いには、注意しなければなりません。

Page Top