前へ
次へ

大阪の食文化が高く、味にこだわりを持つ理由とは

大阪は、食の都と呼ばれるほど、食文化の高い特徴を持ち合わせています。
なぜ大阪は、食文化が高いのでしょうか。
大阪は、瀬戸内海からも近く、山陽山陰地方における山の幸も手に入りやすかったからだと言われています。
また、大阪は商売の町としても有名であり、多くの大名が大阪に蔵屋敷を持っていました。
食に限らず商売とは、競合との差別化も大切であり、良い品を揃えなければ商売は成り立ちません。
これが食にも当てはまる事で、食の文化を大いに発展させて来たのです。
京都や江戸は、公家や大名が住む都市として、見た目を優先的に重視して来た姿があるでしょう。
大阪は、庶民の町として栄えて来た一面があり、見た目よりも味を重視してきた過去もあるのです。
この内容は、食に限らず、お笑いの文化としても現在に引き継がれているのではないでしょうか。
現在、大阪では、大阪商工会議場が主体となって、食の都・大阪を推し進めています。
世界中に広がれば、大阪の食と文化を求め、海外から多くの人々が集まって来るはずです。

Page Top